睡眠

目的意識を明確に

二段ベッドは兄弟・姉妹で利用するばかりでなく、環境によって様々な使用用途や目的があるといわれています。環境に応じてや、家族構成・教育方針によって選ぶ物は異なるため、買う前に家族で相談してから選びましょう。

ベッド

一人暮らしの味方の家具

一人暮らしの部屋にはスペースの心配がつきまといますが、二段ベッドはその問題を解決してくれる家具といえます。下段は布団を敷かなければ、ちょっとした工夫で新たな収納スペースに変身します。また、下段のベッドとしての使い方以外にに注目した二段ベッドも一人暮らしの限られた空間活用の強い味方です。

寝室

色んな種類があるベッド

二段ベッドは大抵子供部屋に置かれていて、兄弟で利用するイメージがあります。部屋の広さの関係でベッドを複数置くことのできない場合にとても便利です。二段ベッドの中には大人が利用できるものもありますので、安全で長く使えるものを選ぶと経済的にもメリットがあります。

メニュー

寝る人

自宅で選べる

二段ベッドを購入する方法として、通販の人気が高いです。通販であれば、直接店舗へ足を運ぶ事も不要でして、自宅で購入手続きを行うことが出来ます。モバイルやタブレットを見ながら、二段ベッドを設置したい部屋で寸法を測る事も出来ますし、一度に多くの二段ベッドを比較検討する事も可能です。

2段ベッド

選ぶ時の大切なポイント

二段ベッドを購入する場合、価格やデザイン、機能性などいくつかチェック項目があります。通販では実物を確認することができないため、サイズは間違えないように注意しましょう。長く使うには耐久性やしっかりした作りであることが大切なので、耐震性やぐらつきに対する工夫が施されているかを確認するようにしましょう。

部屋

大人向けもある

二段ベッドは子ども用もあれば、大人用もあります。先々まで使えるものを利用したいのなら、大人用がお勧めです。また、最終的には一台ずつばらけて使えるようなタイプにしておくと、便利に使うことができます。使い勝手の良いものを選択しましょう。

ベッド

2台購入するよりも安く

二段ベッドの相場は3〜5万円なので、一段ベッドを2台購入するよりも安いと言えます。ただしベッドライトなどの機能が多くついている場合は、2台分の金額が加算されるため、その分価格は高くなります。チークなどの頑丈な木材で作られていれば、価格は10万円ほどになりますが、長く使用を続けることができます。

部屋を広く使えるベッド

2段ベッド

生活様式の変化にも対応

子供部屋向けの家具として非常に根強い人気があるのが、二段ベッドです。二段ベッドはその名の通りベッドを縦に二段重ねにして、上段と下段それぞれが寝台として利用できるという製品です。ベッドを床に2つ並べておくよりもスペースを取らないので、部屋が広く使えるという特徴を持っています。費用面から見ても、シングルベッドを2台買うよりも総じて割安です。また、製品の中には下段の床下に抽斗がついていて、収納家具を兼ねることができるものもあります。二段ベッドといえば、以前は子供の一般的な好みに合わせてカラフルな塗装を施したものが主流でした。しかし最近では、天然の風合いをそのまま生かした木製の二段ベッドも数多く出回っています。木ならではのぬくもりと質感が得られるばかりでなく、化学物質アレルギーなど健康への配慮という観点からも人気を集めています。同じく人気となっているのが、上段を取り外してそれぞれ2台のベッドとして使えるタイプです。幼い頃は二段ベッドとして共用し、大きくなって個室を持つようになったらシングルベッドにするという、子供の成長に応じた使い方ができるのが特徴となっています。さらに子供が独立した後は、2台をつなげてキングサイズのベッドにすることも可能です。なお、近年では大人向けの二段ベッドもホームセンター等でよく見かけるようになっています。これは、シェアハウスなどで1つの居室を複数でシェアしながら暮らす生活スタイルの普及によるものです。